ひとりのひとりごと。

完全自己満足ブログ。BLと立花慎之介さん・皇帝さんとグッズのこと in 沖縄。

オワタ。

観ていた夏アニメが全て終わってしもたーー。

寂しいお。

毎日、ヒャッハーだったあの日々はもう訪れないなっしー。←(?)

で、今回の夏アニメはかなり満足のいくものでしたよ。

楽しかったなぁ。

だって今期は現在、DIABOLIK LOVERSのみしか観ていないんです。

(メガネブ!は観ます)

てか、今期はおにゃのこ主人公アニメ多くないっすか。

気のせいだろうか・・・。

まあ、可愛いから良しとしますが。

Free!、進撃の巨人、八犬伝とイイ最終回でしたが、忘れちゃいけやせん。

有頂天家族です!

ああ・・・

何なの、この心穏やかアニメは。

原作、構成、脚本、作画、BGM、神キャスト。

皆が期待する最終回に、

矢二郎が狸に戻らない・海星が矢三郎に姿を見せない・弁天と矢三郎の縮まらない距離などで終わらせるという所がまた良い。

物語として本当に良く出来ている。

意地悪をされたり、陥れるシーンがあるので一見、嫌な気持ちになりそうだが、

其々のキャラクターがとても愛らしいので怒るという暇を与えない。

それが、人間のお話ではなく狸の話だからだろうなぁ。

(たまに、人間。たまに、天狗?)

そして何といっても台詞ね、言葉が心地いい。

 

母上を助けた布袋教授が言った

「食うことも愛だ。しかし、食うに食えないことも愛なのだ」

 

捕われた母上を見て夷川早雲が言った

「それは私の狸だ、彼女だけは鍋にしちゃダメだ。

そんなこと、ワシが許さん!!」

今回ばかりは早雲にズキュウウウン!でしたわ←(ジョジョか)

 

あと、変身した狸達を見て、

「絶景かな!」

つった寿老人の台詞も良かったっすよねぇ。

 

本当、いいアニメだったなぁ。

最後の最後に忘れちゃいけないヒロイン(?)の弁天様。

f:id:ALICEALICE:20131003001222j:plain

嫌な人間(天狗)キャラになりかねないような役を妖艶に可愛らしく、

知的に演じていた能登麻美子さん。

参りました!!

そして、天晴!!!