ひとりのひとりごと。

完全自己満足ブログ。BLと立花慎之介さん・皇帝さんとグッズのこと in 沖縄。

囀る鳥は羽ばたかない2。

f:id:ALICEALICE:20131120234320j:plain

ヨネダコウ先生の単行本、

“囀る鳥は羽ばたかない2”を買いました。

ihr HertZで既読済みではあったのですが。

やっぱね…イイね。

NLでもありそうな…でも、BLだからこそのストーリー展開。

キャラクター・物語設定・画・台詞もほぼ完璧。

ヨネダコウ先生のアタマん中はどうなっているんだw

前もブログで書いたけど、

私が今まで読んできたBL漫画の中で一番の作品だと思う。

矢代や百目鬼、影山に久我、竜崎、三角…と、

個性的で最高にヤヴァいキャラが多すぎるw

 

つか、矢代と百目鬼の関係は本当に萌える。

BL界でのこの萌え方は前代未聞ではないだろうか。

 

私は、

アニメや漫画、ライトノベル、ドラマCDやシチュCDにおいて、

自分に置き換えることはしないし、

感情移入もしないので、一作品・一キャラとして楽しんでいます。

 

でも、

矢代という人間が存在する世界や境遇は、

傍から見たら理解しがたい場所かもしれないけど、

とても現実的で身近な処だと思う。

“普通”の人生だと感じることは人其々違うし、

どれが普通で何がおかしいのか、

そもそも普通とは何なのかと考えさせられる。

 

ヨネダコウ先生の作品は、

一見、暗いし残酷なんだけど、不思議とどこか温かい。

きっと、ヨネダコウ先生にしか出せない作風なんだろうなぁ。

 

この作品はドラマCDの方も、評判良いらしいですよ。

でも、聴かなーいw

この作品が好き過ぎて聴きたくなーいw

(私は新垣樽助さんと同じ出身地なので応援してますが)

 

この作品は視覚にクるものだと思ってる、

私の目のバカ!ww

まあ、イメージを大切にしたいという気持ちもありますが、

漫画として成立したままでいてほしいというのは大きいですね。